13118961_1133217993365970_4218007018461026636_n

【ゲームレポート】東洋大学vs早稲田大学 秩父宮杯 第64回関東大学アイスホッケー選手権2016/4/29

Share on Facebook
LINEで送る

秩父宮杯第64回関東大学アイスホッケー選手権大会Aグループ、3位決定戦、東洋大学vs早稲田大学。

昨年秋リーグでは、東洋4-2早稲田、東洋4-4早稲田と好勝負が繰り広げられ、勝ち点で早稲田が3位、東洋が4位となり、東洋にとっては悔しい思いをした因縁の相手との対決だった。

1つでも順位を上げて次の大会に繋げたい両校。
勝っても負けても春最後となる戦いに、360°観客席がある当アリーナがほぼ満席になるほど観客が集まり、熱い声援が注がれる中、3位決定戦が行われた。

《SCORE》
東洋大学 vs 早稲田
GOAL(4-0,1-0,0-2)
Total 5-2
SOG (20-8,14-11,7-13)
Total 41-32

IMG_8332

《戦評》

さすがベスト4なだけあり、序盤からスピーディーなプレーが続く。緊張感が漂う中、先制点は東洋大学。

足の速さが魅力的な#47中澤 走飛がゴール前へ入り見事ゴール!

このゴールから流れは東洋大学に。
またも先程と同じ第2セットが大活躍。
#18阿部魁が#19柴田嗣斗からのパスを確実にゴールへ押し込み2点差へ。

東洋大学の勢いが止まらない。
前回(vs中央大学)でも逆転ゴールを決めた#13出口圭太がゴールを量産する。

東洋大学4点目は1年生の#24石橋拓実。
ゴール直後も落ち着いており、1年生ながら大きな存在感を見せる。今大会3点目となり今後も注目だ。

第1ピリオドで4-0と早稲田大学を突き放した東洋大学は、第2ピリオドにもさらにキャプテン#48人里茂樹が追加点を決める。
主将らしく全ての試合でゴールを決めている。

執念の早稲田1得点目、ハリデー選手の力強いシュートが決まった。

諦めてはいなかった。
先ほどのゴールから1分23秒後、早稲田追加点!

結果、5-2 で
東洋大学が3位、
早稲田が4位となった。

《試合後インタビュー》

【東洋大学 4年 FW #48 人里茂樹 主将】

-試合を終えて

「勝てて良かったです。」

-この試合に向けて準備したこと

「前回は反則とかで流れ悪くなっていたので、そういうのは気を付けようとチームで話しました。」

-主将から見て今回活躍したと思う選手は

「(ゴールした選手以外で挙げるとすると)#46渡邉亮秀とケニー(#49田中健太郎)です。」

-秋リーグに向けて

「春もそうでしたが、目標は優勝です。春は悔しい思いをしたので、秋まで時間があるのでみんなで良い準備をして秋の大会に備えたいです。応援ありがとうございました。これからもよろしくお願い致します!」

氷の女神様を何度も見たことがあるという笑顔が素敵な東洋大学の主将、人里茂樹選手。
後日改めて密着インタビューをさせて頂く予定です。

IMG_8602

【 東洋大学 2年 GK #34 古川駿選手 】

-試合を終えて

「春最後の試合、ちゃんと勝てて良かったです。」

-この試合に向けて準備したこと

「前回の中央戦の負けを引きずらないように気持ちの切り替えをしました。手作りのミートソースパスタを食べて試合に挑みました。」

-ヘルメットについて拘りはありますか

「真っ白なのですが、ヨーロッパのキーパーに憧れているからです。ヨーロッパではヘルメットも防具も白が多いので、あえての白にしています。」

-秋大会に向けて

「春は3位で終わってしまいましたが、秋は去年の分の借りもしっかり返して絶対優勝します!応援よろしくお願い致します!」

小1からアイスホッケーを始めたという古川駿選手。
練習中にゴールキーパーがかっこよく見えて僕もやってみたいと思ったのがきっかけで、今では大学トップのゴールキーパーに。今後も注目です。

IMG_8425

【 東洋大学 1年 FW #24 石橋拓実選手】

-試合を終えて

「今シーズン1つ目の大会を良い形で終われたのは良かった。」

-この試合に向けて準備したこと

「いつも通りですが、1年生なのでがむしゃらにプレーすることを心掛けました。」

-今1番やりたいことは何ですか

「ゆっくり休んで、次の大会に向けてまた体づくりに励み、良い準備をして秋リーグを迎えられるようにしたいです。」

-秋リーグに向けて

「チームに貢献できるよう、1年生らしくがむしゃらにプレーし、優勝したいです!応援よろしくお願い致します!」

今大会3点のゴールを決めた期待のルーキー石橋拓実選手。今日は鱒のおにぎりを食べて試合に挑んだそう。今後の活躍に注目です。

IMG_8347

【 東洋大学 4年 FW #47 中澤走飛選手】

-試合を終えて

「第1ピリオド序盤に点が入って楽な展開になりましたが、最後の詰めの甘さが中央戦で負けた敗因かと思っています。」

-この試合に向けて準備したこと

「自分はテクニックで勝負するプレーヤーではないので、簡単にプレーをすることを意識してやっていました」

-自分のプレーの見所を教えてください

「スピードと、相手のディフェンスにどんどんプレッシャーをかけて嫌がられるプレーをすることです。」

-今1番やりたいことは何ですか

「ホッケーがやりたいです!!」

-秋に向けて

「秋リーグは3ヶ月という長い期間になりますが、1戦1戦を大事にして1つも落とさないように、無敗で優勝できるように頑張ります。応援よろしくお願い致します!」

今回、そして去年の秋リーグ(vs早稲田)でも大事な先制点をあげた中澤走飛選手。大会を終えた今でも「ホッケーがやりたいです!」即答した姿に胸打たれました。

IMG_7754

【 東洋大学 4年 DF #49 田中健太郎選手】

-試合を終えて

「チームの目標である優勝に向けての決勝ではありませんでしたが、3位決定戦ということで勝って終わりたいとみんな思っていましたし、内容関係なくまず”勝った”という事が大事なので、勝って大会を終われたことは良かったです。」

-この試合に向けて準備したこと

「前回の中央戦では途中まで勝っていたのに最後の最後で気持ちの甘さ、緩みが出てしまったので、今回はしっかり試合を迎えられるように練習からメンタル的にもみんな動けるように取り組みました。」

-自分のプレーの見所は

「安定した守りとフォワードに出すパス。良い守りをしてから攻めるというプレーです。」

-リフレッシュ方法は何ですか

「休日はよく部屋っ子(#34古川駿)と部屋でNHLを観てリフレッシュしています。」

-秋リーグに向けて

「ここ最近悔しい思いをしているので、1試合1試合を大事にして、強い気持ちを持って勝ちにいくホッケーをしてリーグ戦を迎えたいです。応援よろしくお願い致します!」

試合前には必ずパスタを食べるのがルーティンだと語る田中健太郎選手。寮が移り電車移動になってからは、高田馬場のスタバでホワイトモカも頼むそうです。秋からマウスピースの色が変わるかもしれないのでぜひ注目して欲しいとの事でした!

IMG_8219

【早稲田大学 4年 FW #21 金子立樹主将】

– 試合をおえて

「やっぱり第2ピリオドの失点というのがきょうの負けにつながったかな、と感じます。」

-2対5という結果については

「早稲田はロースコアで勝つというのを目標にしているので、失点後というのが多いのかなと。それも1ピリオドでしかも連続失点というのがよくなかったのかなと思います。」

-この試合に臨む前のチームの雰囲気は

「東洋大にはここ数年勝てていないのでみんなそれぞれの気持ちで臨んでたんですけど、失点して流れが相手に傾いてしまったときにみんなの気持ちが切れてしまってそこにつけこまれてしまったのかな、と思います。」

-主将という立場から見たこの試合でのチームの動きは

「全体的には悪くはなかったと思うんですけど、連続失点してからチームのエンジンがかかりにくくなってしまったなという印象ですね。」

-この試合の一番の反省点は連続失点ということですね。具体的にどのように改善していきたいですか

「もっとセットでコミュニケーションとってどうして失点したのかということをレンジ内で話し合って、攻めからの守りの意識を高めていかなければな、と思いますね。」

-今シーズン始まったばかりですが今後は

「春の試合は終わったんですけどまだ早慶戦も残ってますし、まずは早慶戦で勝てるようにしっかり練習していきたいと思います。」

IMG_8527

【 早稲田大学 2年 DF #29 ハリデー慈英選手 】

-前回の試合から修正した点はあるか

「修正というか、明大戦に負けて気持ちが落ちている部分があったが3位を決めに行くという点で気持ちを上げて今日に臨んだ。」

– 第1ピリオドを振り返って

「第1ピリオドの1失点目、2失点目は本当に悪いバランスでイレギュラーなパックがゴールしてしまい、そこから流れが崩れてしまい、その後の失点に繋がった。」

– 第3ピリオドの得点を振り返って

「第3ピリオド終盤で反撃の1点だった。嬉しくないと言えば嘘になるが、あれだけでは足りなかったなと思う。1ピリ、2ピリでもう少しシュートを増やせればよかった。」

– 今大会を振り返って早稲田らしい戦い方はできたか

「早稲田はペナルティの少ないゲームの中でロースコアで持ち込んで行けたのは良かった点だと思う。去年の3決の東洋戦は9-2で大量失点して負けてしまったので、今回5失点に抑えられたのは進歩した点かなと思う。」

-今後に向けて意気込み

「これで差ははっきりした。それに伴って、敵わない相手ではないということを確信できた。今後もチーム一丸となって戦っていけたらいいと思う。」

IMG_8463

text = Yumi Sato
photo = Daiki Takebuchi
edit = Yutaka Kobayashi

Share on Facebook
LINEで送る

The following two tabs change content below.
小林 泰

小林 泰

東京大学運動会スケート部アイスホッケー部門2015年度副将 アイスホッケーは5年目。筋トレは週4だが、最近氷に乗るのは月1回程度