8051b6d161534e6dad9aa12578cf0875

【翻訳記事】Ryang Thang 契約を反故にされた選手

Share on Facebook
LINEで送る

元記事

2018年冬季オリンピックが近づく中で、ホッケー界は開催国韓国と彼らがどのようにその代表チームを強化していくのかということに目を向け始めている。

ノートルダム大学卒業でNHLナッシュビルプレデターズに3rdラウンドでドラフトされたこともあるプロホッケー選手のRyang Thangもその強化の一助となることを期待されてアジアリーグ所属チーム、High1と契約したのだった。

しかし、Thang氏によると彼はオフシーズン中のある日突然、2015~16シーズンの契約を交わしているにもかかわらずチームに戻ってくる必要はないと告げられたのだという。彼はHigh1とこの問題を穏便に解決すべく努力したがその努力が報われることはなかった。

そこで、彼は自分が交わした契約、メール内容や契約書そのものなどの文書をtwitter上に写真で公開することで、正当な契約を交わしたという主張が正しく、High1の対応が不当であるということを公にすることを決意した。

hockeyinasia.comも複数回に渡って今回の抗争に関して、High1およびKangwon Landに対して質問をメールにより送ったが返信が得られることはなかった。

 – なぜあなたはこの問題をおおやけにすることにしたんですか。

この件に関しては、私自身はHigh1およびkangwon land Inc.と私的に穏便に解決しようとしました。でも、彼らにとっては契約文書はなんの意味も持たないようです。これはもう単に、私がHigh1およびKangwon Landからどれだけひどい仕打ちを受けたのかという警告そして、ほかのスポーツ選手が韓国でこのような扱いを受けないようにという私の願いです。

 – 正当な契約を交わしたという証拠があれば見せていただけますか?

もちろん。サイン付き契約書もあれば、メールなどもあります。

8051b6d161534e6dad9aa12578cf0875

 – 8月にこの問題がおおやけになってからhockeyinasia.comはHigh1に複数回この件に関してかれらの立場での説明を求めるメールを送りましたが、まったく返事は得られませんでした。High1はあなたには連絡をとってきましたか?

High1はどんなコミュニケーションもとってくれないみたいです。まあ、きちんと二者間で交わした契約を無視するというのが難しいからでしょうね。

 – 来シーズンお前はいらないと言われた時、理由は告げられましたか?

4月の末から5月の初めくらいにHigh1のボスが変わって、彼が海外組はもういらないと言っているみたいなのは風の噂に聞いていたんです。そのときは、心配するな、きちんとした契約書があるし、データ的にもきわめていい結果を残しているからと言われていたんですが。それ以来、何度も「いい子になっていうことを聞いて」私のほうから契約を解除するようにと強要するようになりました。

 – この問題を解決するために法的代理人を雇いましたか?

私のアメリカでの弁護士は何度もはるばるソウルまで来てHigh1とこの問題を解決しようと努力してくれました。今、私はソウルでの裁判に熱心に協力してくれる韓国人の弁護士複数人とコンタクトをとっています。

 – この間にほかのプロチームでプレーしたりできないんですか?

High1に加わってアジアリーグでプレーしようと思ったのは、2018年のオリンピックでの最重要選手だとチームのスタッフから何度も説得されたからです。この問題が解決できて、またもう一度オリンピックに挑戦できるのではないかと思って、この問題をおおやけにすることにしました。

二者の間で契約を交わせばそれは法的拘束力をもつので、この問題が解決されない限り私がほかのチームと契約をすることはできません。

昨年、High1で個人で輝かしい戦績を残しただけでなく、韓国人のチームメイトがもっとうまくなるように毎日、氷上でもトレーニングでも身を割いていたので、かなり多くをHigh1にはつぎ込んでいました。

 – なんでこの件については流そうとしなかったのでしょうか。28歳という若さですし、まだまだプロとして数年やっていけるはずです。どうして次に行こうとは思わないのですか。

その点に関してすごく怒っているんです。そう、確かに私は28歳です。でも、High1で戦い、オリンピックにでるために、ヨーロッパでのチャンスの多くを切り捨ててきました。今年もまたヨーロッパに戻ってプレーするというオファーを複数断って、High1との契約を延長したんです。High1がもう私をいらないと言い出したころにはもう、それらの誘いは全部なくなって向こうのメンバー表も全部埋まってしまっていました。

 – この問題を公表する前にほかのチームからオファーをもらっていましたか?

いくつかオファーはもらいましたが、私はHigh1でプレーしたいし、それらのチームからもらえる給料では育ち盛りの6ヶ月の子供がいる家族を養えません。High1からのオファーを受けるときにほかのチームからのオファーを断ったように、一度あるチームからのオファーを断るとそのチームはもう二度と同じようにオファーを出してくれることはありません。ですからHigh1といまこういった揉め事が起きてしまって今プレーできないということが私のキャリアに悪い影響をあたえてしまっています。

 – あなたのいまの状況は多くの点で、現在韓国プロ野球リーグと訴訟を起こしている野球選手Scott Richmond氏のそれと重なります。Richmond氏と連絡をとろうとしたことはありますか?

彼と連絡をとったことはありませんが、彼の話を聞いたことはありますしたしかにいろんな点で似ているなと思います。 特に、冬季オリンピックがすぐだというのに一流チームもしくは企業とその選手との契約がこのようにぞんざいに扱われてしまうというのがもうびっくりです。この状況が双方にとって悲しいしいらいらするものだろうと思います。私の件もRichmond氏の件も簡単に避けるもしくは穏便に解決できるはずなのに。

この話の残念なのは、私もScottもプロらしく私達が愛するスポーツをやりたいということ、純粋に試合を楽しみ、家族を支えたい、その単純な願いが叶えられないということです。

Share on Facebook
LINEで送る

The following two tabs change content below.
小林 泰

小林 泰

東京大学運動会スケート部アイスホッケー部門2015年度副将 アイスホッケーは5年目。筋トレは週4だが、最近氷に乗るのは月1回程度
小林 泰

最新記事 by 小林 泰 (全て見る)