_MG_0039

カメラマン日記 2日目〜ゴールの瞬間〜

Share on Facebook
LINEで送る

こんにちは、Tokyo Icehockey Channelカメラマン竹淵大樹です。

各大学も秋の大会に向けて準備期間に入ってるようですがTokyo Icehockey Channelも秋の大会に向けて準備を進めています。

春の大会からの中継のレベルアップを図るべくいろいろと話が進んでいる所です。

今回取り上げる写真ですが

アイスホッケーは他のスポーツに比べて非常に動きや展開が速いです。

綺麗なゴール写真を収めるには「シュートした選手」「ネットの中に入るパック」両方を画角の中に入れないと見てもらう人に解りづらくなってしまいます。

なのでその両方を収めるとなると広い画角で撮影すると割と綺麗に収まるのではないでしょうか

今回は間近でその二つを捉えられた写真を紹介します。

_MG_0018

カメラ:canon EOS 7D
焦点距離:80mm(35mm換算:126mm)
絞り:f/4
シャッタースピード:1/640秒
ISO:2500

_MG_0021

カメラ:canon EOS 7D
焦点距離:80mm(35mm換算:126mm)
絞り:f/4
シャッタースピード:1/640秒
ISO:2500

明治大学DF#2永井 潤選手の写真です。

前に転びながらも決めたゴールです

一枚目はネットに隠れてしまってますが二枚目ではシッカリ入ってるところがわかります。

正直に言うとこの写真はたまたま撮れた写真です。(たまたまじゃいけないのでもっと練習します。)

シャッターを切る前に狙いを定めるようにしているのですが

_MG_0016

もともとゴール前の混戦を狙って撮っていたので「来る」と感じピントを永井選手に合わせて撮れた写真です。

(ピントが甘いですすいません…)

 _MG_0027

カメラ:canon EOS 7D
焦点距離:160mm(35mm換算:251mm)
絞り:f/4
シャッタースピード:1/640秒
ISO:2500

_MG_0039

カメラ:canon EOS 7D
焦点距離:80mm(35mm換算:126mm)
絞り:f/4
シャッタースピード:1/320秒
ISO:2500

ゴール後のリアクションが良いですね!!

表情を題目に上げる回で紹介したかったですがこの写真には載せたい!!

と思い載せました。

秋の大会も様々なゴールの瞬間が生まれますがどのように撮るか考える日々は続きます。

ということで今回の日記は終わりにしたいと思います。

ありがとうございました。

(小ネタですが2回目の投稿で永井選手の背番号は2、自分も背番号は2でした。偶然です笑)

Daiki Takebuchi

Share on Facebook
LINEで送る

The following two tabs change content below.
竹渕 大樹

竹渕 大樹

最高の瞬間を切り取る写真を撮るべく日々腕をあげているカメラマン。 経験者としてプレーを予測する写真狙っています! アイスホッケーと牛タンとお酒を愛す23歳。